第72回香川丸亀国際ハーフマラソン

counttimer inc

香川丸亀国際ハーフマラソンまであと

 

:

 

:

 

.

 

day

 

hour

 

minute

 

second

攻略クリニック

 

ツアーバスについて

TOTO

2017mannerup_subVisual

マナーアップ for 2017 【第7回】

香川丸亀国際ハーフマラソン マナーアップ2017

【第7回】初心者への方へのアドバイス

  • 大会当日の行動と食事

    初レースのランナーは、当日ハラハラドキドキの気持ちでいっぱいだと思います。焦っていつもと違う行動や食事をすると体と心がかみ合わなくなることがあります。大切なのは、スタート時間から逆算をして、起床、朝食、レース会場までの移動、トイレ、荷物預けなどを細かく時間計算しておくことです。また、レース当日の朝食は、ご飯のような炭水化物を含めて、消化のいいものを腹八分目くらいにしておきましょう。
  • オーバーペースを避けましょう

    慣れないマラソン大会で周囲につられて最初の数キロ早すぎるペースで走ることを「オーバーペース」いいます。オーバーペースになると後半が必要以上に苦しくなり、せっかくのレースが辛いだけの思い出になってしまいます。最初の3キロくらいまでは周囲のペースに惑わされず、いつものジョギングペースで走るようにしましょう。
  • 給水は慌てずに

    レースの雰囲気に慣れていない初心者は熱中症になることがあります。各エイドステーションでは、慌てず、まずは走るスピードを落として、歩きながらゆっくりとコップの水を飲むようにしましょう。また、使用済みのコップはできるだけ沿道に準備されたゴミ箱に捨てるようにしましょう。
金 哲彦(きん てつひこ)さんランニングコーチ・解説者

1964年生まれ。ランニングコーチ/陸上競技・駅伝解説者
早稲田大学在籍時代には、箱根駅伝にて5区のスペシャリストとして不動の地位を築き上げた。リクルート入社後、当時日本ではあまり一般的でなかった陸上のクラブチームを創設するなど、業界にさまざまな革新を与えつつ、第一線を走っている。現在は、解説者やゲストとして様々なマラソン大会にも出演し、解説としての立場だけでなく、市民ランナーにもわかりやすい視点で、マラソンのすばらしさを広く伝えている。

© 2014 KAGAWA MARUGAME INTERNATIONAL HALF MARATHON